「情報の倫理」が出版されました!

-お知らせ-

8名の学者がそれぞれの立場で書いた「情報の倫理」がアマゾンから出版されました。著者に澁澤先生が含まれるのはもちろんのこと、編集にも澁澤ゼミの4年生、鈴木彰高、金井亜樹、柳沢拓磨と、3名のゼミ生が携わっています。Amazonのキンドルストアでの販売となっていますので、ぜひ一度お読みになってください!

 

東京大学総長賞(団体)を鈴木彰高さんが団体執行部として受賞

研究・課外活動・社会活動・国際交流等の各分野において、顕著な功績のあった個人又は団体に、東京大学総長が表彰を行う「東京大学総長賞」を澁澤ゼミ10期生の鈴木彰高さんが団体執行部として受賞しました。 続きを読む

東洋大学社会貢献者表彰制度を鈴木彰高さんが受賞

東洋大学から社会貢献において著しい貢献を行った者に対し、表彰と表彰金が与えられる制度「東洋大学社会貢献者表書制度」を澁澤ゼミ10期生の鈴木彰高さんが受賞しました。
鈴木彰高さんの活動内容は、被災地南三陸での「寺子屋」による学習・教育支援というものです。

澁澤先生が2冊の本を出版します!

お知らせ   澁澤先生の二冊の著書が出版決定しました。

一冊目は「情報化社会と人間」(時潮社)で、4月15日に出版予定です。すでに東洋大学の学内生協では好評販売中です。

二冊目は「情報の倫理」で、アマゾンのキンドルストアでの販売です。こちらも4月15日に出版予定となっていますのでどうぞお楽しみに!

 

海外視察2012 韓国


2012年9月17~20日まで、澁澤ゼミでは「なぜ韓国の企業は強くなったのか?」というテーマを設定し韓国へ視察に行きました。近年韓国を代表するサムスンなど巨大企業が世界に進出し、日本の代表的な電気メーカー等はTVやIT産業分野のシェアを奪われています。また、韓国ドラマが日本でブームとなった事から、メディアと企業の関係を中心に”韓国放送公社”と”サムスン”を視察しました。
続きを読む