第2期生 高橋知史さん インタビュー

nsr.jpg

こんにちは。
インタビューアーを務める澁澤ゼミ3年坂村愛実です。
今回は、澁澤ゼミ第2期生の高橋知史さんにインタビューを行いました。株式会社エムティーアイに就職され、デコともの開発などを行っています。会社での話はもちろんのこと、ゼミでの活動のお話を伺うことができました。


坂村:高橋さんの具体的な仕事内容について教えてください。
MTIではmusic.jpやデコともといった携帯サイトを主にやっています。その中で僕は、デコメサイトのデコともっていうサイトを担当しています。
坂村:デコメ自体を作ってるんですか?
デコメの素材を作っているわけではなくて、えーっと、デコメサイトの企画をやっています。
坂村:高橋さんはどのような企画をしていますか?
デコとものサイトで、例えば、これからどんなデコメの素材が流行るんだろうかっていうような需要を計って、それを企画に反映させたりだとか、後は、他の企業とのタイアップとかでキャラクターを使ったデコメなんかを配信したりとかっていう仕事をしてる一方で、デコともは無料で使えるサイトなので、広告の運営もしています。なので、ユーザー以外のお客様であるクライアントの企業に対して新しい広告商品であったりとかっていうものを考えて、こういった広告をやってみたらいかがですか?ていうような提案をしたりだとか、あとはユーザーに送るメールの広告だったりサイトに載せる広告だったりっていうものを企画しています。
坂村:実際に高橋さんはデコメを使ったりするんですか?
しますね。メール送るときは必ずデコメを必ず一ついれるようにしています。
坂村:ありがとうございます。では、ゼミ活動が現在の仕事に生かされていることはなにかありますか?
一番印象に残っているのは、海外研修に行ったことですね。海外研修に行っていろんな会社を見たりしましたけど、やはり視野が大きく広がったことが一番自分にとって印象に残っています。
坂村:高橋さんが海外視察で行った国はどこですか?
イギリス、フランス、ドイツ、ベルギーに行きましたね。
坂村:一番感動した国はどこかありますか?
ドイツに行ったんですけれでも、ドイツのえーっとミュンヘンというところで海外視察の空き時間でですね、サッカーを見に行ったんですけれでも、それが印象に残っていますね。
坂村:では、社会人と学生の違いは何だと思いますか?
えーっと、責任ですね。自分がやっていることをしっかりと責任を持って行うって事が社会人と学生の大きな違いだと思います。
坂村:高橋さんが、もし学生に戻れるとしたら何をしたいですか?
旅行に行きたいですね。学生のときもいろんな国に行きましたけれども、もっと時間があったら行きたいところは沢山あったので、もし、自分が学生に戻れるとしたら、もっと旅行に行ってみたいと思います。
坂村:一番よかった国はどこかありますか?
ニューヨークがやっぱり一番好きで、一度行ったんですけど、どうしてももう一度行きたくて、次の年に自分一人でニューヨークに行きました。
坂村:では、最後に一言お願いします。
えー、学生時代っていうのは、自分の裁量で沢山のことが出来る時間ていうものがあると思いますので、社会人になる前に自分のやりたいことっていうのを考えてみて、一番多くの時間をそれに費やしてみたら良いと思います。
坂村:今回はお忙しい中ありがとうございました。
編集 野中 康平