気になるコトバ 「イオンスチーマー」

sakamura.jpg
 寒さが厳しい冬の大敵と言えば、冷えや乾燥。特に女性にとってこの時期、お肌には入念なケアが必要です。そんな女性に人気の高いイオンスチーマーについて、調べてみました。


○イオンスチーマーとは?
 スチーマーから出てくる「温」スチームで肌をゆるめたり、「冷」ミストで肌を引きしめたりと、自宅で気軽にエステ気分を味わえるというものである。基本的には、顔に使用する。
最近特に注目を集めているものでは、アロマ機能が搭載されていたり、自分の肌の悩みに合わせて選べる自動コースがついていたり、寝ている間にケアができるものと種類も多く、用途や価格などから選び購入することができる。
○マイナスイオンの実態
 1999年から2003年頃に日本ではやった流行語。 当時マイナスイオンは、一見「科学用語」のようにみえる便利な「マーケティング用語」として、家電製品や衣類・日用雑貨などのキャッチコピーにおびただしく利用された。イメージは「健康によいもの」であったが、実態は統一的な定義もなく、標榜されたさまざまな効果効能の中には科学的に研究されたものもあるが、未実証である。一部では、大学・病院・企業のマイナスイオン研究者が効果の検証が試みた例もある。しかし、その検証も、学術的に確実な効果の実証はなされず、機序の解明がなされたものもない。また機序に関して合理的な仮説もない。
 2003年に景品表示法が改正されて商品の表示に対しては合理的な根拠が要求されることとなり、大手メーカーは「マイナスイオン」を宣伝文句としては避ける傾向にある。現在では、マイナスイオンを用いているメーカーもあるが、科学用語ではないものの、独自の名称を用いるメーカーもある。
○まとめ
 マイナスイオンの効果について、科学的根拠がないというのは正直驚きました。しかし、実際にイオンスチーマーを愛用している私は、スチーマー後の肌のハリや弾力、次の日のお化粧のノリと、その効果に大満足です。効果には個人差があるものの、情報サイトの口コミでも評価が高く人気があるのも事実です。合理的な根拠はないのに、効果を実感するというのは不思議な感覚がしますが、スチーマーを使用することでいつも以上にケアを行い、エステ気分を味わうことでリラックスができ、簡単に続けられることで毎日肌や体を気遣う…科学的根拠ではなく、スチームを浴びるという行為から、美意識が高まり心と身体が変化していくのかもしれませんね。女性だけでなく、是非男性にも体験してもらいたいです。
文責 坂村 愛実
ラジオ版はこちら