海外視察2008 バンクーバー

vancouver1.jpg
ブリティッシュ・コロンビア州の南西部に位置し、同州最大の都市であるバンクーバーは、温暖な気候、太平洋と山に囲まれた自然美溢れる魅力的な景観に恵まれています。環境の整った都市や治安の良さなどから、世界で最も住みやすい街としても知られています。サーモンやメイプルシロップが名産品で、様々なお店で目にすることが出来ます。お店のネオンも綺麗で、バンクーバーの夜景はとても美しかったです。また、2010年には冬季オリンピックを控えており、多くの賑わいを見せていました。


キャピラノ吊り橋
kyapirano.jpg
ノースバンクーバーに位置する渓谷に架かる吊り橋。多くの観光客が訪れるため、様々な言語での案内マップがある。吊り橋は高さ70m、長さ137mもあり、歩くたびに大きく揺れる。橋を渡り切ると、全長200mの大きな木が生い茂っている深い森がある。森には遊歩道、小さな橋が架けられているなど森を一回りすることができ、森林浴を楽しむ人々の姿も目にする。ダウンタウンとは異なり、時の流れがゆっくりとしており、緑で溢れている。
グランビルアイランド
ga.jpg
250以上ある店やギャラリーで賑うマーケットプレイスである。種類豊富な生鮮食料品が並ぶパブリックマーケットでは、当日水揚げされた魚介類や新鮮な野菜や果物などが所狭し溢れている。他にも倉庫仕立ての小物・雑貨品を扱う店やビール工場など時間をかけて見て楽しめる場所が豊富である。海に囲まれているので、陽気で穏やかな時間が流れており、完成された街という印象である。
ギャスタウン・蒸気時計
gas.jpg
ギャスタウンの十字路に聳え立つ蒸気で動く時計。格式高く、気品に満ち溢れながらも、一見普通の時計に見えるかもしれません。だが、頭のてっぺんから湯気が上がっている。この時計は、カナダの時計職人(レイモンドサンダース氏)により1977年に作られたものである。設置時から止まることなく動き続けている。この街の守り神と言っても過言ではないでしょうか。
ROOTS
roots.jpg
服やアクセサリーを販売しているカナダ、オリジナルブランドである。柄やサイズも日本人向きのものが多く取り揃えており、着心地や品質も良い。また、時計やカバン、靴などといった小物の商品も充実しており、見ているだけでも十分に楽しめる。店内は明るく、米国ならではの雰囲気をかもちだしている。日本未入荷なお店なため、カナダオリジナルのブランドを一つお土産にいかがだろうか。
シーバス
ga1.jpg
名の通り海のバスである。シーバスの発車時刻は、何分、何秒まで掲示板に書かれている。
毎日2隻の船が50回以上も運航している。1977年の運航以来、大きなトラブルもなく、この2隻で運航され続けている。
次に料金形態を見てみよう。切符はバンクーバーを3つのゾーンに区切り、3つのゾーン内で90分間乗り放題となっている。日本とは違い、船での移動が目立っている。シーバスからの景色は爽快であり、都会の魅力と自然の恵みを併せ持つカナダを1望できる。
スタンレーパーク
stanley-park.jpg
郊外にあるとは感じられない程の自然に囲まれている広大な公園である。世界で16番目に美しい公園は、総面積40haと日比谷公園の25倍にも相当する。海に面した遊歩道では、サイクリングやローラースケートも楽しめる。バンクーバー市とノースショア(ウェストバンクーバー市、ノースバンクーバー市、ノースバンクーバー地区)を結ぶライオズゲートブリッジ。ビーチから眺めるイングリッシュ・ベイ。爽快な風と美しい景色は、私たちに夢の時間をもたらしてくれる。
Sky Train
バンクーバーを駆け巡る電車。バンクーバーの幅広いエリアをカバーしている。鉄輪式のリニアモーターカー方式が採用されており、世界最長の長距離無人(コンピュータ制御)電車である。列車は多くの本数を運行し、現地の移動手段として欠かせない、先進交通システムである。
文責 大畑香織 川崎駿祐 田中麻里子 田畑和樹 濱野峻史 山口直哉 和田淳