第3期生 前田 加奈江さん インタビュー

interview2.jpg
現在、大手銀行で活躍している前田加奈江さんにお話を聞くことができました。「就職活動、どうせやるなら楽しんでください!!」


丸の内OLになって、5ヶ月が経ちました。
私は現在、ネットバンキングサービスやソリューションサービスの開発と営業推進を行う部署に所属しており、ただ今OJT研修真っ只中といったところです。
4月1日付でいきなりの現場配属でしたので、最初はかなり緊張しましたが、最近になってようやく、日々の業務や周囲の環境に慣れてきました。
ちなみにランチは、お洒落なカフェでパスタにカプチーノ…のはずでしたが、現実は社員食堂の日替りラーメン(セルフサービス)の毎日です。
会社ではまず、ペーパー消費量の多さに驚きました。
必要な情報はボタンひとつで取得できる現在ですから、オフィスでは日々レーザプリンタやコピー機がフル稼働しているのです。
情報化がペーパーレス化を促進するって、本当でしょうか。
用済みのペーパーはすべてシュレッダー処理か溶解処理ですし、個人情報保護と環境改善への取り組みは共存できないのか…という点も疑問です。
また、通信サービスメディアでは、ファクシミリサービスの根強い人気にも驚きました。
ファクシミリは数ある中でも比較的古いメディアですが、唯一の完全受動媒体だからでしょうか。
その他のメディアは、何かしらの能動アクションが必要ですからね。
就職活動についてですが、どうせやるなら楽しんでください!!
始める前から、否定的に考えるのは御法度です。
やりたいことが決まっていない人は、敢えて決めなくてもいいと思います。
どんな進路を選ぼうと、「こんなはずじゃなかった」と思う時はあります。
逆に「ラッキー」と思う時もあります。
多かれ少なかれギャップは絶対にあるのです。
イメージを作りすぎるよりも、多くの可能性を信じて、積極的に新たなフィールドを開拓してみるのも面白いと思いますよ。
また、面接の際は、自分にキャッチフレーズをつけてみてはどうでしょうか。
もちろんアピールにもなりますが、理想を掲げることで自分自身が頑張れるといった側面もあると思います。
ちなみにわたしは、「前向きの前田」です。
就職活動以降、このキャッチフレーズを頻繁に使っているため、実際にここ数年でかなりポジティブになった気がしています。(あくまで気だけかもしれませんが/笑)
とりあえず、大切なのは柔軟性と継続性とポジティブシンキングと諦めないことだと思います。頑張ってください!!